美容ブログはこちら
灰田ナナコ

gateau2018年8月号【僕を悪い子にして 第10話(最終回)】灰田ナナコ

こんばんは、眠気と空腹と戦いながら画面に向かっている井村(@imuramaan)です。

本日も銀髪イケメンに胸打たれにいくとしよう。

gateau2018年8月号に収録されている、灰田ナナコ先生の「僕を悪い子にして 10話(最終回)」の感想です。あぁ…最終回寂しい…(˘ω˘)ほんま毎月楽しみに生きてた…。

gateau2018年8月号 僕を悪い子にして 第10話

前回(9話)は、喧嘩中だった2人が仲直りしたところで終わった。

攻めにとって受けは大きな存在で大切な存在になっていて、それはもうハッピーな感じだった( ˘ω˘ )💕

ちゅっちゅちゅっちゅする2人…9話ではエロはありませんでしたが、最終話の10話ではエロがあるよ!!(歓喜)

「僕を悪い子にして」…はじめは無理やりなセッフフで受けのお尻の心配が止まらなかったけど、今ではお互い大切な存在になって…井村は嬉しい。

近づいた父親との距離

最終話は攻めが義理の父親に会うところから始まります。

秘書から「顔で選んだらしいですよ」と教えてもらってから(秘書がついた嘘)、すっと冷めたようになってしまった攻め。

義理父とまともに話すシーンが初めてだったからか、緊張気味な攻めがKAWAII。むっちゃ胸熱

「学校はどうだ」とか、家族らしい会話をするけど、あまり関わりがないから普段の攻めを知らないところが少し寂しく感じる。

でも、攻めが何かを話に来たことは感じ取っていて、「さっきからずっと、何か言いたげな表情をしているけど」と促すところは父親らしい愛情を感じました。

攻めが義理父に会いに来た理由は「どうして自分を引き取ったのか」を聞くためで、笑顔で理由を話す義理父を見ながら攻めは、ちゃんと自分を見ていてくれたんだと実感する。

これも全部受けがいてくれたから気づけて、受けがいたから義理父にも会いに行って…と、すべて受けのおかげで攻めは進んでいるんだな〜〜〜愛だ〜〜〜。

最後には「父さん」と初めての父さん呼びもしちゃって…お父さん嬉しいだろうなあ…。

後半はラブラブで井村ほっこり

後半は攻めと受けのイチャイチャシーンになるんだけど、「俺はお前(受け)がいいんだよ」とかもう嬉しさのあまり井村赤面。

今までの攻めを考えると、そういうセリフを言うようになるとは思わなかった。攻めって案外スキンシップ多いし、愛情深い…独占欲強すぎるところはあるけど。

初めは無理やりセッフフだった分、優しくしたいから挿れてもすぐに動かない攻めと、早く動いて欲しい受けが萌える。MUNEATSU。

攻め「俺で駄目になって」

アアアアアアアアァァァァアア召される…😇

攻めのちょっと照れたような、初めて見る笑顔にも召される。ときめきが止まらねぇ…ッ!

初めの頃からすると想像できないようなラブラブさがとても良いです、本当に。

2人にはこれからも幸せでいてほしい…。

僕を悪い子にして 最終話まで見てみて

不良×優等生のお話、すごく好きなんです。

正反対の2人だから、お互い自分にないものを持っているし、ある意味惹かれやすいのではと。

でも、この作品は無理やりセッフフされたり、受けの父親のDVであったり…となかなかうまく行かないもので。ギュッと締め付けられることがありました。

でも、お互いの問題を知って、知ったからこそ相手の存在が大きくなったのも事実。

とてもいい作品なのに、井村の語彙力のなさが悲しい。でも見てよかった作品であることは確か。ぜひ読んでみてください。

ちなみに、1巻の感想はこちら。

またお前に抱いてほしくて…【僕を悪い子にして】灰田ナナコどうも、井村(@imuramaan)です! 今日は、表紙を見た瞬間に「絶対買う」と決めたBL漫画をご紹介します😊 灰田ナナコ...

続編があったらいいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

ABOUT ME
井村
年下攻めと金髪ヤンキーが大好きな腐女子です(˘ω˘) 美容ブログもヤッてますので遊びにきてくださいまし〜!